綾里湾沖水中環境調査

2012-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の作業 2012/07/30 - 2012.07.31 Tue

この日は先週から引き続き、越喜来の鬼沢漁港周辺の調査でした。

鬼沢の松島周辺は震災前からそうであった様に昆布が繁茂しておりました。
しかしながら松島から土砂崩れがあった方へ進んでいくと、
水底は泥をかぶり、岩の表面には海藻がほとんど見られませんでした。

かろうじて岩壁沿いに残された藻場には昆布やワカメのメカブが見られ、そこにアワビやウニ達が集まっていました。

097.jpg

真ん中の壁の上部から崩れ落ちています。
地震、津波の後、緩んだところに雨が降って崩れてきています。
普段陸から見ていると気づかないのですが、船から陸を眺めると土砂崩れを起こしている場所が沢山あることがわかります。

064.jpg

沈んだ木々やその周辺には海藻がほとんど見られず荒涼としています。
以前はここら辺一帯が昆布で埋め尽くされたていたのが想像できないほどさみしい景色です。
木々を撤去して、波が泥を洗い流すことを期待します。

068.jpg

海藻が何もついていない木々のまわりに黄金色になったオキアミの仲間が群れを作っていました。

072.jpg

震災前よりも海藻が繁茂している場所がある一方で、このように藻場が消失してしまっている場所も沢山あります。

瓦礫や沈んだ木々を撤去していきながら、再生していく海のすがたを記録していきたいと思います。
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

三陸ボランティアダイバーズとは?

冬はタイ、夏は岩手で活躍するダイビングインストラクター“くまちゃん”が、東北地方太平洋沖地震による被災にて行っている救援活動、また今後の岩手復興と共に三陸の海での活動を支援するために活動しています。

ミッション

①東北地方太平洋沖地震の被災地で行う救援活動支援

②三陸沿岸部の漁港清掃活動(ダイビング等)支援

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (24)
活動報告 (224)
外部Webでの紹介 (0)
天候 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。