綾里湾沖水中環境調査

2012-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報告 「南三陸町戸倉スノーケリング観察会」 - 2012.09.18 Tue

南三陸町戸倉でのスノーケリング観察会の参加報告です。

元々ダイビングが一般的だったという戸倉地区。
戸倉地域スクールとWWFが志津川湾の特徴や漁業について子供たちと学ぶ機会として主催し、私たちも参加させていただきました。

震災後、子供たちが海で遊ぶ機会を設けたのはおそらく初めて。

参加者は戸倉中学校1〜3年生の有志、男の子8人。
戸倉中学校は高台にありながら2階の窓まで津波に襲われ、他の学校を借りて授業をしているそうです。

Miyagi Diving Service HighBridgeまさくん、TSUNAGARIかっつん、三陸ボランティアダイバーズからはかずた、じゅんくん、まっきーの計5名がスノーケリングの講師役をつとめさせていただきました。


まずは講師陣、スノーケリングポイントである南三陸町戸倉の海を前に打ち合わせ。
台風が近づいていることもあり、遊泳範囲やうねりなど入念にチェックします。

IMG_2338.jpg

1日目はプール講習、さすが海の近くの子供たちだけあって泳ぐのはもちろん上手。
スノーケリングの技術も教えるそばから上達していきます。

2日目。
まずは元・南三陸町自然環境活用センター研究員の川瀬先生による志津川湾の生物についての講義。
ダイバーにおなじみのクチバシカジカ、ダンゴウオや三陸ならではのホヤやワカメ、ホタテの写真に皆、もちろん講師陣も興味津々。
2012-09-17 09.10.10

さて、海本番。
皆、ウェットスーツを着ているとすっかり海仕様ですね。
多少うねりはあるものの、天気もよく、まさに海日和!!

2012-09-17 09.50.46

1時間ほどのスノーケリングでしたが、カニダマシ、ウミウシ、種々の魚やウニなど素潜りを練習しながら観察し、すっかり楽しんでくれたようです。
大人たちの次の世代への願い、子供たちの海への思い、たくさんのことを教えてもらった2日間でした。

10月には石垣島白帆地区で「ふるさとの海交流会」が予定されているそうです。
南の海との違いを知って、もっともっと三陸の豊かな海を好きになってもらいたいですね!

戸倉の皆さん、WWFの皆さん、素敵な機会に参加させていただきありがとうございました!!

218063_3669036448965_486453661_n.jpeg
                               文責:まっきー








スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

三陸ボランティアダイバーズとは?

冬はタイ、夏は岩手で活躍するダイビングインストラクター“くまちゃん”が、東北地方太平洋沖地震による被災にて行っている救援活動、また今後の岩手復興と共に三陸の海での活動を支援するために活動しています。

ミッション

①東北地方太平洋沖地震の被災地で行う救援活動支援

②三陸沿岸部の漁港清掃活動(ダイビング等)支援

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (24)
活動報告 (224)
外部Webでの紹介 (0)
天候 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。