綾里湾沖水中環境調査

2013-01

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の作業 2013/01/23 - 2013.01.23 Wed

今日は越喜来湾で震災後初となるホヤの養殖再開の見学をさせていただきました。
茶色い三つ編みのような縄には、先月にボランティアで採取した親ホヤと、釜石から届いたものから産まれたホヤ達が沢山ついているはずです。というのもまだ子ボヤは目に見えないサイズ、秋には1cmほどの大きさになるそうです。

hoya001.jpg

ワカメと違いホヤは光を必要としないので、15m以上の深さに吊るされることになります。
秋になると、育ったホヤを、大きめな縄に移植することになります。
出荷サイズまで育つのに3年ほどかかるそうです。無事に育ってくれますように。

hoya002.jpg

高気圧に包まれて天気の良い三陸、山にはうっすらと雪化粧が。

hoya003.jpg

ワカメの養殖を覗かせてもらいました。
まだ30cmほどでしょうか、これからグングンと伸びていきます。
2月の後半には早採りワカメも始まります。
美味しい季節がやってきます!

ワカメ

養殖としては、ワカメ、ホタテ、ホヤが始まりました。
残すはカキの養殖のみ。
津波前までと違い、0からの再スタート!
漁師のみなさん試行錯誤して新しい方法も取り入れています。

もうすぐワカメの季節がやってきます。
みなさん是非、三陸に足を運んで新鮮なワカメを食べてみてください!
うまいですよー♪

先日の大阪、阪急うめだのスタッフブログに記事が載っています。
http://www.hankyu-dept.co.jp/hkblog/saiji-service/EventShop2/00042636/?catCode=301011&subCode=302034
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

三陸ボランティアダイバーズとは?

冬はタイ、夏は岩手で活躍するダイビングインストラクター“くまちゃん”が、東北地方太平洋沖地震による被災にて行っている救援活動、また今後の岩手復興と共に三陸の海での活動を支援するために活動しています。

ミッション

①東北地方太平洋沖地震の被災地で行う救援活動支援

②三陸沿岸部の漁港清掃活動(ダイビング等)支援

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (24)
活動報告 (224)
外部Webでの紹介 (0)
天候 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。