綾里湾沖水中環境調査

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の作業 2012/07/14-15 - 2012.07.16 Mon

今週末は三連休ということもあり、沢山のボランティアが来られています!!
遠くは広島や大阪から、地元は岩手県の内陸からもかけつけてくれました。

初日は北里大学と合同で崎浜の清掃。
雨が降ったり止んだりと天候に恵まれませんでしたが、港内の瓦礫の撤去と、港外の調査を行うことができました。

二日目は吉浜、先週に引き続き吉浜に入りましたが、このタマハハキモクや昆布が元気に育ち、水底が見えない程です。
一年前は、砂地が広がっているだけだったので、海の生命力に驚かされるばかりです。

船の往来に差し支えがあるということで、タマハハキモクは切れるだけ切ってくれと漁師さん達に頼まれたので、タマハハキモクを苅りながら、瓦礫も撤去になりました。
何だかせっかく生えた元気な海藻なのに勿体無いと思ってしまいますが、刈り取らないと船が出せなくなってしまいます。

IMG_1256.jpg

どんどん水底で刈りとっていくと、ゆーっくりと水面に向かって浮かび始めます。
頭上があっという間にくらくなっていきます。

それを船チームが回収して運びます。

293820_294463000651644_341614269_n.jpg

水底には網やアンカー、建物の外壁や鉄骨、建材が沈んでいました。

海面に向かって伸びているロープの残骸が多く、船のプロペラに絡み、動けなくなることもあります。
今日も釣り船にロープのガレが絡まっているのを除去しました。

IMG_1255.jpg

これは港の外の写真です。
昆布とモクが本当にジャングルのように生えています。
写真では見えませんが、外海でさえも海藻の隙間に船の一部やその他の瓦礫が沈んでいることが多々あります。

IMG_1247.jpg

それにしても去年とはまったく違う景色です。
コンブがここまで生えているのは今では珍しいことだそうです。

IMG_1245.jpg

元気な昆布や海藻達を見ているとこちらまで元気になります。
吉浜の漁師さん達、休日返上で瓦礫の撤去。ボランティアのみなさんも貴重の連休にありがとうございます。

崎浜は釣り客が多く、釣り船もかなりの数が動いています。
釣り客のみなさん大漁に釣り上げて満足気に帰っていました。

575639_294508337313777_1720174517_n.jpg

連休も残り一日、明日は越喜来に向かいます!!
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://volunteerdivers.blog.fc2.com/tb.php/163-3f3dc4bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の作業 2012/07/16 «  | BLOG TOP |  » マリンエイドからの支援物資

三陸ボランティアダイバーズとは?

冬はタイ、夏は岩手で活躍するダイビングインストラクター“くまちゃん”が、東北地方太平洋沖地震による被災にて行っている救援活動、また今後の岩手復興と共に三陸の海での活動を支援するために活動しています。

ミッション

①東北地方太平洋沖地震の被災地で行う救援活動支援

②三陸沿岸部の漁港清掃活動(ダイビング等)支援

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (24)
活動報告 (224)
外部Webでの紹介 (0)
天候 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。