綾里湾沖水中環境調査

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の作業 2012/07/18 - 2012.07.19 Thu

今日は今月一日に海中の瓦礫の調査及び撤去をした、宮城県南三陸町歌津へ行ってまいりました。

名足小学校の震災前まで毎年行われていた『海に親しむ会』という行事を再開させて、地引網漁を体験させようと、教師を始め、地元の漁師、ワールドビジョン、そして三ボラもその準備に加わっておりました。

三ボラでは、浜に地引網を入れられる状態なのかチェック、妨げになりそうな瓦礫を回収するという作業を行いました。

当日、子供たちによって地引網が引き上げられるかどうかを見届けたいという思い、また、子供たちが浜辺に降りてきて何かするという光景も震災後初になるはずなので、その嬉しい光景に自分も立会いたいという思いがありました。

まずは、みんなでビーチクリーンです。人数がいると、どんどん綺麗になっていきます。

_MG_3951.jpg

小学生は一年生から6年生まで総勢71人、1時間ほどでこんなに綺麗になりました!!

_MG_3959.jpg

避難訓練を行なったのち、いよいよ本番です。

赤組と白組に分かれて地引網を引っ張ります。

_MG_3986.jpg

引っ張り始めてすぐに網が根がかりを起こしたので、心配になりましたが、すぐに漁師さんがリカバリーできたので一安心。
やはり、2週間も経つと、水底から新たな瓦礫が顔を出して網に引っかかったのでしょう。

_MG_4007.jpg

網が浜に上がりはじめると、みんなそれぞれ魚やたこを手に取り大はしゃぎ。
6年生が持ち帰ることになっているので、学年が下の子供たちは早く6年生になりたーい!と叫んでいました。

_MG_4013.jpg

亀はみんなで海に送り返してあげました。

_MG_4064.jpg

地元の漁師さんが、網に入っていた魚たちを紹介、みんな興味津津で聞き入っていました。

_MG_4074.jpg

子供たちの笑顔が浜辺でみられて嬉しい限りです。
次の時代を担う彼らが海を学ぶ良い機会になったでしょう。

子供達に『海に潜って怖くない?』と聞かれました。
毎日潜っていて面白いよ、魚も海藻も元気だし、綺麗だよ~と答えると、笑顔でいつか潜ってみたいと言ってくれました。

いつかその日のためにも海をもっと綺麗にしておきたいですね。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://volunteerdivers.blog.fc2.com/tb.php/165-3a723090
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の作業 2012/07/21 «  | BLOG TOP |  » 今日の作業 2012/07/16

三陸ボランティアダイバーズとは?

冬はタイ、夏は岩手で活躍するダイビングインストラクター“くまちゃん”が、東北地方太平洋沖地震による被災にて行っている救援活動、また今後の岩手復興と共に三陸の海での活動を支援するために活動しています。

ミッション

①東北地方太平洋沖地震の被災地で行う救援活動支援

②三陸沿岸部の漁港清掃活動(ダイビング等)支援

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (24)
活動報告 (224)
外部Webでの紹介 (0)
天候 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。