綾里湾沖水中環境調査

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の作業 2013/09/20 - 2013.09.21 Sat

今日は大槌町の船越湾内のアマモ場の調査でした。

嬉しい再会、久しぶりに会えた吉里吉里の漁師さんたち。一緒に瓦礫の撤去をしたのがもう二年も前のこと。

554639_10200475221634388_310906370_n.jpg

養殖が再開したということで、牡蠣とムール貝を頂きました。当時のことを思うと、本当に嬉しい限りです。

港は半分がかさ上げ工事されて、並ぶテントの下では牡蠣の出荷作業が始まっていました。

1185832_10200475221394382_893659293_n.jpg

港からすぐの弁天島横のビーチにはまだ船が二艘打ち上げられたままでした。

521961_10200475221874394_1857169611_n.jpg

そして、肝心のアマモ場の調査結果ですが、驚くほど減少していました。
いつも越喜来のジャングルのようなアマモ場を見ているだけにショックでした。
しかしながら、浅場では群生が小さいながらもいくつかは発見できたので安堵しました。

吉里吉里海岸のすぐ上の橋のガードレールはまだ震災当時のままです。ここだけではなく、大槌はまだまだ震災の爪痕が残っています。

潜水士の瀧ちゃんの現場が大槌なので、夕方から合流。作業現場を見学させてもらいました。プロの技で港の復旧が進められていきます。

夕ご飯は釜石市の新華園へ。あっさりの釜石ラーメンと、とりレモン、オススメです。
入り口には震災当時の写真もディスプレイされています。
すぐ近くにはキッチンカーの屋台街が。ここでも色んなものが食べられそうですが、また次回。

明日からは三連休、みなさんに三陸の海の良さを知ってもらえるよう頑張ります!
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://volunteerdivers.blog.fc2.com/tb.php/239-e1f28f60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の作業 2013/09/21 «  | BLOG TOP |  » オレンジページに掲載

三陸ボランティアダイバーズとは?

冬はタイ、夏は岩手で活躍するダイビングインストラクター“くまちゃん”が、東北地方太平洋沖地震による被災にて行っている救援活動、また今後の岩手復興と共に三陸の海での活動を支援するために活動しています。

ミッション

①東北地方太平洋沖地震の被災地で行う救援活動支援

②三陸沿岸部の漁港清掃活動(ダイビング等)支援

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (24)
活動報告 (224)
外部Webでの紹介 (0)
天候 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。