綾里湾沖水中環境調査

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

活動報告【6/18】 - 2011.06.20 Mon

週末行ってきました。活動報告及び現状の共有です。

<今週末参加者>
9名(ダイバー5名+陸上サポート4名)

<作業内容>
◆6月18日(土)AM
綾里港にサルベージ船作業中⇒サルベージが攫った後に攫い残しが無いかどうかの円形捜索
2つのチームに分かれ、それぞれのチームに2名程度づつ陸上サポートが付き、位置決め等の指示を仰ぎつつ作業。
45分程やりましたが漁港内製氷機前近辺のすみっこから奥に10m×横に50m程のみ。まだまだ先は長い!


◇状況:
サルベージが入った後の為、濁りあり。なるべく着底せずに中性浮力を保ちつつの作業が必要。極力着底を防ぐと巻き上げずに捜索できますので安全です。(吹き上げ注意!)ガレの数はかなり減っており、岸壁近くのあたりもきれいになってきております。
作業時間45分程度、水温13度

水底にはハゼの数多数!かなりいい感じになってきているのではと思われます。
綾里漁港内には豆アジとゴマサバの幼魚が大きな群れになって泳ぎ回っています。がれきから漏れ出る油がまだ水面に浮いているのに魚は元気!今年生まれた小魚かな?と思うと嬉しいですね!

◆6月18日(土)PM
大船渡港に移動。大船渡漁協横の港内、船の停泊スペースに漂っているブイ、水中に絡まっているロープの切断・除去作業。午前中と同じ2チームに分かれての作業。


大型船も停泊できる港であり水深が深い。Max15m位です。海底がフラットではなく、8mくらいから15mくらいとまばら、泥の底では無く大型の岩がごろごろしている海底です。その隙間にがれきが挟まっており、まだ混とんとした状況。

土俵や大型ガレキにロープが絡まっており、船のペラに絡まるおそれがあるため、海底まで下りてロープを根元から切断。作業時間1時間弱。水温13度(海底はもう少し冷たい)、透明度2-3m程度

海面からロープを見つけるのは至難の業の為、陸上サポートの方々にロープの位置を指示してもらい、ロープ引き揚げまでのサポートがかなり重要な作業でした。

◇状況:
やはり港によって状況が異なります。水底の様子、がれきの種類なども見極めて注意しながら作業を進めましょう。

では。
てらっちでした
スポンサーサイト

● COMMENT ●

祝 ブログ

復興の思いを行動におこせる同僚を誇りに思います。ダイバー皆さんの安全を祈願!!

素晴らしい

1からこのような活動をスタートさせて、復興の為にみんなが努力する事は非常に重要だと思います。ぜひこれからも活動報告してください。期待しています。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://volunteerdivers.blog.fc2.com/tb.php/3-f3979245
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

活動報告【6/19】 «  | BLOG TOP |  » テスト

三陸ボランティアダイバーズとは?

冬はタイ、夏は岩手で活躍するダイビングインストラクター“くまちゃん”が、東北地方太平洋沖地震による被災にて行っている救援活動、また今後の岩手復興と共に三陸の海での活動を支援するために活動しています。

ミッション

①東北地方太平洋沖地震の被災地で行う救援活動支援

②三陸沿岸部の漁港清掃活動(ダイビング等)支援

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (24)
活動報告 (224)
外部Webでの紹介 (0)
天候 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。