綾里湾沖水中環境調査

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の作業 2011/11/23 - 2011.11.25 Fri

今日は崎浜魚港。街には北里大学水産学部あって、学生達で賑わっていました。
残念ながら震災による建物の損害が大きく、学部は神奈川に移転、損壊した施設も
撤去となり、1部の研究施設を残し撤退が決定。この田舎町から600人いた学生達が
いなくなってしまったのはさみしいものです。
今回は、北里大学の潜水部の皆さんからコンタクトがあり、崎浜漁港での海中作業
を一緒にやりませんか、と話がきて合同での作業となりました。
この漁港は北里大学の卒業生、在校生の潜水部の皆さんが定期的に瓦礫撤去作業を
行っており、そのたびに地元新聞の紙面にのっていました。ここを離れなければな
らなくなった学生達が大好きだった海の為に来てくれる。地元の人達はとてもうれ
しかったようです。

潜水部の皆さんはキャリアも様々。
入念にブリーフィングをして意思疎通を図ります。
潜水班、陸上班わかれて作業場所、作業方法の確認。初めての方が多く、陸上より
潜水班の方が人数が多いという状況。漁師さんにもお願いして作業開始です。

o0800053611629893517.jpg

地盤沈下により満潮時には岸は水没。おかげで藻が生えてしまい、とても滑って危
ない状況。作業中も場所によってはふくらはぎまで水につかる所もあります。
水温は13、4度。気温は10度前後、ダイバーも陸上も、寒さとの闘いも始まってきま
した。

o0800119511630046949.jpg

漁具、家庭用品、いろいろ上がります。やたらと重いと思ったら水を含みまくった畳。
船の船外機だって人力で上げれますよ。
流された船の数だけ、流された家の数だけ海の中にはあるはずです。

o0800053611630046948.jpg

o0800053611630046940.jpg

全部は無理なのはわかっています。やれることは小さいかもなのですが、少しでも
手伝いたいという人が沢山来てくれます。少しずつでも沢山集まれば、少しずつでも
ずっと続けていければ、振り返ったらきっと大きなことになっている!
こんなに一生懸命な海はない!前よりきれいな海になる!

o0800053611630114636.jpg

報告/浦島
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://volunteerdivers.blog.fc2.com/tb.php/92-e032f525
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の作業 2011/11/24 «  | BLOG TOP |  » 今日の作業 2011/11/18

三陸ボランティアダイバーズとは?

冬はタイ、夏は岩手で活躍するダイビングインストラクター“くまちゃん”が、東北地方太平洋沖地震による被災にて行っている救援活動、また今後の岩手復興と共に三陸の海での活動を支援するために活動しています。

ミッション

①東北地方太平洋沖地震の被災地で行う救援活動支援

②三陸沿岸部の漁港清掃活動(ダイビング等)支援

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (24)
活動報告 (224)
外部Webでの紹介 (0)
天候 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。